福岡の様々な空間と新しい表現の為のテーブルセッションのサイトです


by plants2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:第1回報告( 7 )

第1回plants!報告 1

a0018241_93255.jpg6月17日第1回plants!参加者23名
●例のごとく自己紹介から。
●たけやんさんのプレゼン(大きな人物画など)
「工房まる」に所属しているアーティストたけやんさんは、友人の牟田さんと久保山さんとともに、plants!前日に「工房まる」スタッフみなさんで作った力作の作品入れに大きな作品をいれて持ってきてくれました。「工房まる」は南区にある、障害を持つ人たちが活動している福祉の作業所で、たけやんさんは平尾のスラッシュカフェやキャナルシティ博多のトランスカフェなどいろんなところで展覧会をやっているそうです。たけやんさんがもって来てくれたのは包装紙に書いてあるとても大きなものや、コンピュータをつかった3Dの作品や、この日のためにつくった作品集など様々でした。作品集は持ち歩くと、それをもとに話ができるからよく活用するそうです。
作品が大きな理由は、大きなところに描くと気持ちがいいからと、体の障害もあって小さいところには描きにくいということがあるからだそうです。このような大きな作品を描き始めたのは2年ぐらいまえからで、最初はパソコンで3Dばかり描いていたそうです。3Dの作品は3Dのソフトで描いたが、自分だけの世界になってしまっているところがあると、たけやんさんは言っていました。
絵は写真をモデルにすることもあるし、実際にモデルさんを描くこともあり、また自分の頭の中にあるイメージで描くこともあるそうです。牟田さんによれば、自分がいいなと思っている子を描くと作品がイキイキしているそうです。描くときは床に紙をテープで固定して描いていて、地べたに書くと自分の位置が低いところにくるからバランスが悪くなってくるともいっていました。一日3時間くらいの作業で3~4日かけて、ひとつの作品をつくりあげるそうです。それから、たけやんさんは、だいたい目から描いていくそうです。ということは、完成図を頭に描いているってことであり、たけやんさんの絵を見てみると、ななめ上に目があったりしたので、ここに目を描くんだー!とその描く順番にみんな感心してしまいました。

ここで藤さんから、長細い形の作品をみて、この形がいいんじゃないと、先輩アーティストとしてのつっこみがはいり、またたけやんさんの絵が画面いっぱいいっぱいではなくはじっこできれているところに着目し、悪い受験勉強(美大の)をした人は、こういうところがきになっちゃうんだよねー、とまっているのがもったいないし、外まで広がりをもたせるといいんじゃないかと意見を述べました。
「人物をパステルで描いてみて描き終わった後、描いてるなって感じがした。描いてることがたのしい」というのが、描いている理由だそうです。自分は障害を持っているけど、自分もここにいる人たちと同じようにやりたいことがいっぱいあって、一般の世界で何かしたい、何かできることはないかなと考えていくうちに絵を描くって言う形になったそうです。絵を描いたり、イメージをしたりパソコンを使って立体的な動画を使って僕が感じたことをみんなにもちょっとでも感じてもらえればいいなとのことです。人と関わるのはすごくたのしくて、工房まるとかでいろんな人と障害がある人との関係ができていったら、いいな、コミュニケーションをとりながら思いを形にしながら、こういうことをしていますとのこと。先日、キャナルシティのトランスカフェで個展をやったヒロキさんはこころのライバルだそうです。工房まるで活動しているヒロキさんをはじめほかの方々も作品を沢山作っていて、それをもとにバッジなどのグッズをつくっているそうです。牟田さんによれば、たけやんさんの作品はしっかりつくっているので、バッジとかにはしにくいとのことでした。

たけやんさんの絵をみて、壁画とかの大きいフィールドがいいねと藤さんの意見が再びとびだしました。えんぴつよりもパステルがいい。オイルパステルがいいんじゃないかとのいこと。すると実は、たけやんさんも壁半分くらいの大きさの布にオイルパステルで描いたことがあるとのこと。
川島さんは、たけやんさんの絵について、いまどき感がある。雑誌などをそのまま見て描いているのは、既存のコミックとかアニメのイメージに入り込んでいる感じがするので、モデルを見て描いているもの(スラッシュカフェの店員さん描いたものをさして)がおもしろいと思うと意見を述べました。藤さんは、雑誌などをそのまま見て描いているものは「えっちっぽくてよくない?」との意見。??
さて、まじめなはなしになり、今は、描けることの面白さに行っている感じがする。次は描かれていることへの面白さへいくといいんじゃないか。センスいいなと思うけど、新しいイメージではなく、流通しているイメージだ。次の段階は、流通させるイメージを作り出すことではないか。絵を描くことは、自分と向き合う作業であり、そこから出てきたイメージで新しい世界をつくることが次にくる気がすると藤さんの意見。技術的には構図とかもおもしろいし、もっと描いていくといいんだろうか・・・と藤さんがいうと、たけやんさんは、今はまだそこまではいっていないが、今思っているのは、大きい人物を描くことを続けて何人かけるかな、できるだけ増やしていっていつかは個展をひらいていろんな人にみてもらいたいとのことでした。


他にも、床全面に紙をしきつめて、5m×5mくらいでやったら、どんな大作ができるだろうかとか、紙って概念がなかったらどうかね、とか意見がでました。昔は壁画から始まったけど、なんで壁画だったかねという意見。こどものときは絶対床だよね、床に描くってことはどういうことなのか、下に描く・床に描くとはどんななのか、イメージ違うものができてくるんじゃないかなー?と藤さんの興味深い意見。たけやんさんが床にかいてみたとき、それができたとき、横にいるのは、下にいるのはなんなのか、もしかしたら好きな人100人くらいかもしれないし、何が出来上がるかみてみたいなーという藤さんの意見でたけやんさんのプレゼンは終わりました。たけやんさんは、ぜひ工房まるへ遊びに来て下さいといっています。HPは→http://milldesign.main.jp/maru/です。こちらものぞいてみてください。
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:37 | 第1回報告
a0018241_93341.jpg●以下はたけやんさんの生コメントです。
先日はPLANTS!に参加させていただき、かつ色んな活動家の話や報告をきけて、自分の未熟さを感じ、楽しい時間を過ごせました。藤さんにもよろしくお伝え頂ければと。「第1回PLANTS! 報告」の件ですが、絵画に関しては、皆そうではないかと思いますが、幼き日(4歳だったかな)から、線を引く(いわば落書き)楽しさに惹かれたのが始まり。書いてること普通ですみません…。

COM+に持参したパステルによる人物画はというと…、だいたい3年くらい前に「工房まる」で画用紙にパステルで CDジャケットからイメージした物や、女性モデルのヌード写真をもとに線画を描き、その時周りの反応も上々で、これを極めようと、縦1メールはある厚紙に、身近にある雑誌から気に入った写真の人を思いのまま描くと気分が満たされる。その流れで次は包装紙を用いた人物画を描き始める。最近では直接会ってきた人たちをイメージして描いてこそ意味があるのではという考えも持ちつつ、写真も利用しつつ描いてます。3Dを中心としたCGのほうは、イメージをモニター内の立体として作るのが楽しくて、趣味として作りたい物を作りつづけることで技術力も上がって、もしかしたら仕事にもつながると良いなぁ、という考えです。経験不足になもので…。
ココに書いたことはあくまでも、自分のしてきたことの一部です。「工房まる」には個性的なメンバー・スタッフが、アートを中心に活動しています。(もちろん福祉のイメージを変えるといったことや、アートで様々な人とつながるといった意味合いもある)楽しいイベントもたまにしたりします。また遊びに来ると良いかも?
長くなりすみません。
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:34 | 第1回報告

第1回plants!報告 3

a0018241_94122.jpg●かのうともこさんのプレゼン(スケボーの絵、写真など)
加納さんは、スケボーをする人物を描いた絵をはがきサイズに印刷したものとヨーロッパに行ったときに撮った写真を持ってきてくれました。スケボーの絵は原寸はA4くらいで、写真は人にあげることができるように名刺にしてあります。今年の1月から制作活動をはじめたそうです。どうしてスケーターを描くのかというと、自分ではなりえない瞬間的なヴィジュアルのかっこよさへ、もともと憧れがあり、スケーターのビデオをみたりするのが好きだったからだそうです。スピードと空とスケートと漕いでいく足が好きだという言葉が印象的でした。憧れはあっても、スケボーの世界は女なので、すごく遠く、加納さん的には、自分が怪我を心配しながらやるのは違う・おかしいという感覚があって、自分がやるというアプローチの仕方へはいかなかったとのことです。(実際やっていたみたことはあるそうです)そうじゃなく、歯を折りながらやっちゃう感じが魅力なのだそうです。
スピード感でいえば、スキーやスノーボードといったものもあるが、という質問には、スケボーはカリフォルニアのフラットな道を生かしてお金を持ってない子供でも板一枚であそべちゃうというその始まりが、生活にちかく、いいんだそうです。
写真は旅行に行ってヨーロッパで撮ったそうですが、脈絡なく感覚的に撮ったそうです。朝や夕方はきれいで人がいないので思ったように撮ることができたそうです。すると、藤さんもその意見に同意して、藤さんも夜家に帰れなくなって、出会い橋でつい空気のきれいさに自分の感覚が高揚して写真を撮ってしまった。という話を暴露?しました。
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:32 | 第1回報告
a0018241_94711.jpg●ここでスケボーネタ(小菅ジャンクションのはなしなど)
藤さんが、ここで小菅ジャンクションというひとたちのはなしをしてくれました。彼らは、スケートボード自体をツールとして表現にしようとしているグループで、道の段差をなくしたりしながらアートプロジェクトでスケートボード専用道路を作ったりしているグループだそうです。東京の小菅ジャンクションの近くに住んでいるところからこの名前がつけられたとか。それから、山口さん提供ネタで、スケートボードの映画しか撮らない作家もいるそうです。
●さらに朝日と夕日ネタ(ヨーロッパの作家)
展覧会場においてあった、ある写真集の話もしてくれました。それはヨーロッパの作家の作品で朝日と夕日の写真ばっかりだそうです。ある朝の日の出を撮り、同時に地球の裏側で同じ太陽が沈み行く様を撮った写真集。
これがいろんな場所で一ヶ月分収録されているそうです。しかけは緯度経度を計測したりして、撮っておりとても凝っているが、みため大したことないという、そのギャップがおもしろい作品です。
●ロジャー・マクドナルドネタ
アートイニシアチブ東京という、プロジェクトでみたロジャー・マクドナルドという人の作品?は、スーツケースの中にいろんな作家の作品がはいっており、どこでも展覧会ができるようになっているそうです。スーツケースの中に入らないといけないので、小さくないといけない。でも小さいけどすごいいみたいな作品で、おもしろいそうです。
これらの提供されたネタについては、ちゃんと検証してみたいですね。(・・・いや、やります・・・。)
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:31 | 第1回報告

第1回plants!報告 5

a0018241_1015.jpg●スケボーの文化
ここで三つほど、ネタ提供がありその後また、加納さんのスケボーへの思いへ質問が飛び出しました。
日本ではアメリカとは文化がちがうから、いたるところでみんながスケボーやっているという感じではなく、箇所箇所でやってるだけ。日本では、あるところへ行かないとやっている人はいないのに、ここ日本でなぜあえて、スケボーなのかという質問に対しては、加納さんも日本はせまいし、フラットなところもないし、無理やりやっている感はぬぐえず日本は向いていないと思うとのこと。でも生活の中に根ざしているスケボーの文化全般そのものにあこがれる、文化そのものへの強い憧れがあるんだそうです。なぜかはわからないけど、それを描きたいと思うから描いてみたそうです。

道路や手すり、いす、駅とか公共空間はスケボーのためにつくったものではないのに、その空間で勝手に遊んでいるってところがおもしろく、「ほかにそいうツールってあまりないよね」っと藤さんはいっていました。しかも一生懸命田舎とかでもやっている。夜ガラス窓のとこでダンスの練習したりしている。違うものへの変換・目的外の利用で自分たちの遊び場をつくるというのがいい。輸入されている感覚だとはおもうが面白い、また、ただ車輪がついてて動くという単純な技術だけどそこがすごくおもしろいし、歴史があるからおもしろいっていうのもあるかもしれないというのが藤さんの意見です。

ここで、同じように舞踏の型に思いもかけずはまってしまった、男性(お名前がわからないのでごめんなさい)の方の意見がでました。これまで誘われていたが興味なくて断り続けていたけど、参加してみたらはなってしまって、今では舞踏をされている方とセッションをするまでになったとのこと。だから、加納さんのきもちはよくわかるとおっしゃっていました。瞬間瞬間を切り取る、瞬間の型のよさがあり、それがが絵の対象になるんだそうです。
加納さんも、自分の中でまだ意味はわからないけど、ただただ描きたかったから描いてみたとのこと。だからまだ、自分なりのアプローチであり、個人的なかんじだけど、まだみえていないけど、「かたち」への憧れもあるかもしれない。と意見をのべました。後日ともこさんに作品についてお聞きしたところ、「まだ作品としての意思のないもの」という表現をされていました。意思がでてくるとどのような感じになっていかれるのか興味しんしんな事務局長です。
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:29 | 第1回報告

第1回 plants!報告 6

●つんの話(スケボーネタ)
鹿児島に新幹線が開通した日に、藤さんのつくったつんという犬は新幹線に乗って鹿児島にいき、いろんなとこにいって、いろんな人に会いにいったそうです。つんは歩けないので、スケボーにのせて、いろんなところにいって人々と交流したみたいです。その様を撮った写真を藤さんはみんなにみせてくれました。(すごくかわいいのです)これは、ぜひ、藤さんにみせてもらうのがいいでしょう。
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:27 | 第1回報告

第1回plants!報告 7

a0018241_1053.jpg●作品のコンセプトについて(ミンゴさんのおはなし)
ここで、ちょうどこの第1回plants!の時期に、人生初個展を開催していたミンゴさんのお話。
ミンゴさんは、自分が作りたくなったときに作品を作っているので、コンセプトが先にあってものをつくるというよりは、出来上がったものにあとからインスピレーションを感じてタイトルをつけたりするそうです。すると、どうしてこれはこれになったのかと人から聞かれてしまって、・・・だめなのかなーと思ってしまっていたとのこと。これは、どうなのでしょうか、というネタふりでした。
藤さんは、「もちろん、あり!」とのお答え。佐賀から参加のあきこさんは、抽象画を描くアーティストですが、彼女の意見も聞くことができました。あきこさんも、自分の中の感情を発散させるために描いているので、コンセプトをうちたててから制作するというよりは、作品ができてからタイトルとつけている状態とのこと。無題でもいいんだけど、展示するにあたって、人になんですか?と聞かれて答えるためにつけたり、内面に対して距離があるのでその中で考えてもらうのが面白いかなと思ってタイトルをつけているとのことです。
藤さんに言わせるとタイトルは見せる人への手がかりになる。人はなんだろうこれは?という作品にであったときに、その作品をとらえようとするとタイトルとかいろんなものに手がかりを求める。その面白さもあるけど、でも何もないほうが手がかりをさぐる視線を持たせるのにいい場合もある。全然違うタイトルをつけてそことの距離をはかったりもある。いろいろだけど、それでどういう風に作品がおもしろくなるかっていう鑑賞者に対しての自分がどういうふうな態度を示すかって言うことかなーと究極的な作品のありかた?のようなものを説いて下さいました。作品をつくるのではなく、楽しむ立場の私としては、ふむふむとやたらと納得してしまいました。
ここで、さきほどの舞踏のお話をしてくださった男性も意見を述べて下さいました。
仕事で描くときは、意味をもたせないと話がとおらない。が、できあがったものは全くおもしろくないとのこと。やっぱり塗りたいところに塗りたい色を塗る。→ライブペインティングがおもしろい。そうです。千代のパピヨンプラザで月2回15分間の間、いろんなジャンルのアーティストが好きなことをしているそうです。(映像をながしたり、音楽をながしたり)そのイベントでライブペインてぃんぐをしているが、イメージはその場で出てくるんだそうです。
音楽が入るので、音楽の人が引っ張っていくような感じなのだそうです。
藤さんもゴジラの着ぐるみを着て、20年くらい前にライブペインティングをやってたらしいです。これも話すと1時間くらいなりそうな話だけど、やっぱり意味を求められると困る(笑)らしいです。
[PR]
by plants2 | 2004-07-15 00:22 | 第1回報告