福岡の様々な空間と新しい表現の為のテーブルセッションのサイトです


by plants2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第4回plants!報告⑩

●瀬戸口さんのはなし

瀬戸口さんは抽象絵画の画家さんです。その瀬戸口さんは、「学校を出て、さて、絵を描くにはどうするかと考え、佐賀だと団体展に出すのが当たり前で、県展などに出してやってきた。でも、自分が好きだなとおもうアートの世界は、団体展ではなく、現代アートの世界。実際関わっているところと、気持ちのギャップ、矛盾に悩んでいるところ」だそうです。瀬戸口さんは、団体展に出品する正統派の芸術活動をしながら、一方で佐賀県の牛津町という町の赤レンガ館というところで、ハーベスト99というアーティストたちのグループに属しワークショップを開催しています。私も先日遊びにいってきましたが、ほんとにすてきなところでした。

http://www.h2.dion.ne.jp/%7eharvest/index.htm→ハーベスト99のサイト。

団体展に出すときは佐賀の偉い先生に見てもらわないといけないという、みんなもあまり知らなかった状況に、びっくりさせられました。そんな状況を聞いて、絵なんて人からならうもんじゃない、大体教える人は自分の絵に似てないと怒るんだーと、きっとかなり的を射ている意見を誰かがいいました。

藤さんは「絵画を素材で呼び分けていた時代があったが、それがフラットという呼び名で呼ばれるようになってきて、絵画はシステムであると思う。物は置くけど、他の人に背景となるイメージは作ってもらおうと思っている。物の価値は周辺で変わってくる。作品が最低限意味があるのは、自分が在るからである。1人で見るときと2人でみるときと、これがどうなのかっていうことも考えている。」そうです。なんだか、かなり藤さんのアートの神髄をみたような気持ちです。
[PR]
# by plants2 | 2004-11-23 21:05

第4回plants!報告⑪

●松尾さんの作品について

ライトデプスは松尾さんが、八谷和彦さんと共同制作した、スケートボードで乗るパブリックアート。
いるかジャンプを疑似体験する装置であり、バージョンは4つもあるそうです。海の上でスケボーしているような感じが味わえる代物で、昨年熊本現代美術館での八谷さんの展覧会でも展示されていましたが、実際、すべることが可能。へたっぴな人はよけいなことをせずに、すいーすいーとすべれちゃうが、逆にうまい人ほど、技をつかっちゃったりして、難しいらしいです。松尾さんは、熊本現代美術館での展示作業の際に足を折ってしまったらしいです…。私は、とりあえず上に乗っかって、不思議空間を体験しました。松尾さんはあの作品をどうにかしてどこかに展示したいなあと考えているところだそうですが、かなり広い場所が必要で実現にいたってないそうです。水族館がいいかもねという案がでました。

http://www.petworks.co.jp/~hachiya/works/light.html→ライトデプスが見れます。

と、今回のplants!はここまで☆
[PR]
# by plants2 | 2004-11-23 20:55
第6回plants!は、藤さん東京出張のため、
25日の第4木曜日に変更となります。

みなさん、25日でも都合があえばぜひ遊びに来て下さいね。

前回、前々回の報告は・・・。
意地でも必ずやりとげますので、待ってて下さい。
[PR]
# by plants2 | 2004-11-17 21:29

おはようございます。

おはようございます。本日plants!第5回開催日です!

しかし、ごめんなさい。前回のまとめ、終わらなかった・・・。
なるべく早く、公開します。

本日の皆さんのお越しお待ちしております。
[PR]
# by PLANTS2 | 2004-10-21 06:30

こんばんは。

そしてあいかわらず、今回の報告も開催日当日です。・・・。
今日のplants!もすてきな回になりますように。

下の報告に入りきらなかった、向月台。しかも雪景色。
a0018241_247338.jpg

[PR]
# by plants2 | 2004-09-16 02:46
8月19日第3回plants!参加者15人
●自己紹介に続き、今回はネタをもってきてくれた先崎さんのお話(日本庭園の話)
・・そ、それが・・・。なぜか、うまい具合に先崎さんの話のところだけビデオが映ってにゃいのです・・・。
というわけで、先崎さんのレジュメと、申し訳ないですが、私の怪しいメモを載せておきます。恐れ入りますが、先崎さん&誰か補足願います・・・。

ラインナップ
一、日本庭園のちょっと勝手な見方
 ①テクノな庭:枯山水メドレー(竜安寺、東海庵、大徳寺、大仙院、ジュ光院)
 ②日本のサイケ:(金閣、飛雲閣)
 ③うつろう:日本の表現美(銀閣、高等院、高山寺・石水院)
 ④永遠のモダン:進化する近代庭園(東福寺)
二、日本文化としての公園
 ①日本人的な公園の3大要素
 ②本来の和魂、大和魂によって創出されるパブリックスペースを考えたい
三、風景について考える
 ①建築家も美術家もグルになる公共事業
 a0018241_2394749.jpg②新しい風景の創出に向けて
四、コミュニティは何によって生まれるか
                                                                                                                                                              


                                                    





                                                          金閣寺
[PR]
# by plants2 | 2004-09-16 02:42

第3回plants!報告②

a0018241_2352950.jpg

                        飛雲閣
[PR]
# by plants2 | 2004-09-16 02:35

第3回plants!報告③

●事務局いけもとのあやしいメモ書きより
松岡正剛によると (http://www.isis.ne.jp/top.html←この人のことですよね?)
「うつ」ということばは「空」「虚」「」という字が当てはまるそうです。
                    ↑
             本来何もないっていう意味・・・不思議!

     うつ―→うつろ―→うつろう―→うつし(移・写)―→うつつ(現)
     ないもの――――――――――――――→あらわれるもの
                《 リバースモード 》

a0018241_2224513.jpg
↑竜安寺 ↓大仙院

a0018241_2235110.jpg枯山水・・・見立ての文化
竜安寺・・・大雲山竜安寺という名前からこの庭は雲から出ている山のイメージではないかなと先崎さんは考えているそうです。
大仙院・・・先崎さん曰く、これはおっぱい庭園だそうです。
飛雲閣・・・西本願寺にあり、左右非対称。
高山寺・石水院・・・窓から見えるものがそのまま美しいという感じ。
銀閣寺の向月台・・・月が一番真上にあるときが一番きれいにみえる。まるでインスタレーションみたい。
テクノ・エレクトロニカ=石組みのリズム感

「近代美術を振り返る時、私たちが犯しがちな間違いは、「作品」という近代自我の成立により生まれた概念が、芸術を個人の中で完成される作業として位置づけたために、それまでの自己以外の環境を含む他者との内的なコミュニケーションによって成立する芸術傾向を、方法論として無視しがちなことである。」美術評論家 伊東順二
◎芸術とは独創性よりも切り口の独自性
[PR]
# by plants2 | 2004-09-16 02:27

第3回plants!④

●藤さんから直島の地中美術館のはなし・1
直島に行って子供たちとワークショップをやった。直島には新しい地中美術館というのが出来ていて、安藤忠雄が作った美術館なんだけど、3人の作家だけを常設で扱っている。その作品をいれるためだけにつくった部屋。ものすごい。考えただけでもすごい。ジェームズ・タレルもすごい。(興奮気味)ひとつはブラックらライトみたいなのを使って光の中に入っていく作品と空が切り取られただけの部屋。空がわーっとなるような感じ。それとアブラモビッチ部屋(マリーナ・アブラモビッチ?)。対話をやるような空間・装置として、そういうのをめずらしく福武は作ったなという感じ。みんながせっせと払っているチャレンジとかが役立ってる。ここは写真は一切だめで、誓約書を書かされる。駐車場からわざわざ道をあるいていって、睡蓮の川があったり、東京やいろんなところから来ているボランティアがたくさんいる。よくやったなって感じ。安藤忠雄の美術館建築は作品を入れる器としてはあまり良くないなーと思っていたが、そのぶっとぶぐらいいい。海外旅行行くより、作品で震えたい人はぜひ!(ほんとによさそう☆)

地中美術館(http://www.chichu.jp/j/
[PR]
# by plants2 | 2004-09-16 02:16

第3回plants!報告⑤

●藤さんから直島の地中美術館のはなし・2
直島は豊島っていう廃棄物の問題で有名になった島(僕が尊敬するパフォーマー,中坊公平がずっと関わっていたとこ(笑))と,犬島という柳幸典がプロジェクトを行っている島のすぐそば。《三島由紀夫の家再現プロジェクトとか精錬所跡を使った大掛かりなプロジェクトを柳幸典がやっている。》
手島・直島・犬島がこれから面白くなるかも。。

中坊公平(http://www.chunichi.ne.jp/inpaku/02/tesima/1998062403.shtml

柳幸典犬島プロジェクト
(http://www.yanagistudio.net/inujima/index.html)
[PR]
# by plants2 | 2004-09-16 02:07